B-0260M  ヘッド温度センサー ALL \5,500
VW純正品 030906265K
オキシゲンセンサー 4PINコネクター for 90-94パサート

インジェクション用のエアーバルブです。
VW純正品 0280140559

エアバルブ(アイドルスタビライザー)
フューエル プレッシャーレギュレター

インジェクションの車は インジェクターという噴射ノズルに 一定の燃圧を掛けて
コンピューターからノズルを開く時間 (タイミングと長さ)で 走行状態にあわせて
燃料を噴射させます。もしも燃圧が一定でないとエンジンが調子が悪くなるのは
想像できますね。この部品はポンプの燃圧と連動しますからこの部品が原因じゃ
ないことも考えられます。




B-0260H  ツイン/コンビリレー \14,900
B-0260F  補助エアバルブ 欠品中
B-0260P フューエル プレッシャーレギュレター T/1 75-79
(インジェクション)
\14,900
B-0260G  サーモタイムスイッチ 欠品中
B-0262 エアーバルブ(アイドルスタビライザー) \44,500
B-0260J  コールドスタートバルブ T/1 欠品中
B-0260JA  コールドスタートバルブ T/2 \26,800

インジェクション関連センサー

補助エアバルブ
サーモタイムスイッチ

エンジンが冷えているときの始動時にコールドスタートバルブを作動させしばらくの間
濃い燃料をシリンダーに送るように指示」をだします。また一定の時間でコールドスタート
バルブからの燃料の噴射は止まります。

インジェクションほいろんなセンサーでエンジンの状況をコンピューターに送ります。
その情報から燃料を制御しています。その中でヘッドの温度を伝えるセンサーです。


ツイン/コンビリレー

エアフローメーターからの信号で燃料ポンプの作動を制御するリレーで 
ポンプが作動しない場合にキーONの状態でエアフローのフラップを少し
開いてもポンプに電気がきているかどうかの点検をしてください。 電気が
来ているのにポンプが動かない場合はポンプがダメみたいですね。 でも
電気が来ていない場合はリレーくさいですね。ヘインズの日本語マニュアル
に わかりやすく解説されていますので参考にしてください。

コールドスタートバルブ

これらの部品はコールドスタートバルブといってインジェクションの車のエンジンが
冷えている時のエンジン始動時に補助的に燃料を噴射するバルブです。
エンジンが冷えている時は通常より濃い目の燃料が必要なために組み込まれています。

ヘッド温度センサー 

この補助エアバルブはインジェクションの車のエンジン掛けがけにエンジンの回転数を
上げる為に取り付けられています。
この部品のトラブルは中で動くシャッターが開いたままとか閉じたままとか時間が経っても
シャッターが閉じきらないといった作動不良が原因で潤滑スプレーなど動きが戻る場合も
有りますがだめなら交換でしょうか。




B-0262C オキシゲンセンサー(4PIN)パサート90-94用 \14,000