スクリュー シフトロッドカップリング 
シフトロッドガイドブーツ 
シフトロッドガイドブッシュ
ミッションのセレクターレバーとシフトロッドの間に
付いているジョイントで多少の緩衝役も有ります。

C

B

A

このジョイントはタイプ2用のシフトロッドの中間ジョイントになります。
付いていない車は無いのですが困った時はどうぞ。

タイプ2のシフトロッドの一番前側に取り付けるブッシュで年式
によって2種類ありますので 交換の際は 確認してください。

T/2 シフトロッドセンター ジョイント 
シフトロッドカップリング EARLY
シフトロッドガイドブッシュはシフトレハーからミッションのセレクター
レバーを連結している長いロッドのガタをとるブッシュです

A

B

E-0350 シフトロッドカップリング (T/1 -65&T/2 -67) \2,800

E-0343 A  シフトロッドガイド ブッシュ  T/2 66-73 (フロント)  \600
E-0344 B  シフトロッドガイド ブッシュ  T/2 74-79 (フロント)  \1,100

ミッションのセレクターレバーとシフトロッドの間に
付いているジョイントで多少の緩衝役も有ります。

このスクリューはE-0350とE-0360を固定する為の物で取り付けた後に頭に穴などを
開けて、スクリューが脱落しないようにします。 
これが外れたらシフトが出来なくなります。

E-0345 シフトロッドガイドブーツ T/2 55-79 EA \1,250

E-0360 シフトロッドカップリング  (T/1 65−79&T/2 68−) \2,000

シフトロッドガイドブッシュはシフトレハーからミッションのセレクターレバーを連結している
長いロッドのガタをとるブッシュです。このブッシュが壊れてしまうとそのガタの分まで余分
にシフトレバーを動かしたり 又はその為に違うギアにシフトしたり正常でも曖昧なシフト
フィーリングがもっと悪くなります。交換するときは一度シフトロッドをクルマから抜き取って
ボディー側にブッシュを入れてからロッドを戻してください。このときシフトレバーの位置の
調整も必要になる場合があります。これと似た症状を起こす部品として シフトロッドカップ
リングも考えられますので参考にしてください。

シフトロッドカップリング LATE
シフトロッドガイドブッシュ T/2

タイプ2のシフトレバーの下近くのブッシュです。
このコーナーにあるようにシフトロッドが長い為に
いろいろと工夫がされているのですね。

-62

62-79

E-0338Z  T/2  -62  シフトロッドセンター ジョイント  \1,800
E-0339  T/2 62-79 シフトロッドセンター ジョイント  \1,800

E-0340A A  シフトロッドガイド ブッシュ T/2  59-62 (2個) \800
E-0341 B  シフトロッドガイド ブッシュ T/2 62-67(2個)68-77(1個)77-79(2個) 大 \800
E-0342 C  シフトロッドガイド ブッシュ T/2 68-79 中 \800

タイプ2のシフトロッドの通っているパイプの両端の水や 泥や
とにかくパイプに入りそうなものをガードするダストブーツです。

シフトロッドガイドブッシュ,.カプラー、ブーツ
E-0340  シフトロッドガイド ブッシュ T/1.3 ALL T/2 -66 EA \1,300

シフトロッドガイドブッシュ T/2 (フロント)
E-0349  スクリュー シフトロッドカップリング ALL EA \250