タイプ1 のスポルトマッチックのシフトレバーの中に入れてあってシフトをする時に
接点が接するとバキュームでクラッチのレバーを動かしてマニアルのクラッチペダル
を踏むのと同じ仕事をする指令を出します。接点が焼けたりすると指令が出せなく
なったりします。

シフトコンタクトポイント 

タイプ1のトルクコンバーターのオイルシールで年式で2種類あります。

トルクコンバーターオイルシール

タイプ2 & T/3 のトルクコンバーターのオイルシールです。

トルクコンバーターオイルシール T/2 & T/3
E-0400 A  トルクコンバーター オイルシール  スポルト用 −69 \3,000
E-0410 B  トルクコンバーター オイルシール  スポルト用  70− \3,000

E-0412 トルクコンバーターオイルシール T/2 &T/3 \1,000

E-0420 シフトコンタクトポイント スポルト用 \2,500

B

A


E-0337 ATミッションパンガスケット T/2 76-79 \2,800
E-0336 ATミッションパンガスケット T/2−75&T/3ALL \2,800

スポルト / オートマチック ミッションe12

ATミッション オイルパンガスケット T/2 -75 & T/3 AT
ATミッション オイルパンガスケット T/2 76-79