クラッチ関係の部品でスラストベアリングを取り付けるシャフトで
A のストックと B の2本のレバーの周り全周を 溶接してある強化
タイプの2種類の扱いがあります。
また このシャフトは -70年式までの初期型のスラストベアリング
のミッションに使用します。

E-0150 A  クラッチレリーズシャフト STD  61-70(長さ 約19.8cm 直径 約1.6cm) 欠品中
E-0150A B  クラッチレリーズシャフト HD   61-70(長さ 約19.8cm 直径 約1.6cm) \2,500

B

E-0171 A クラッチレリーズシャフト T/2 68−70
(長さ 約22.2cm 直径 約1.6cm)
\2,500
E-0171A B クラッチレリーズシャフト T/2 71−75
(長さ 約22.2cm 直径 約1.6cm)
\2,500
E-0171B C クラッチレリーズシャフト T/2 75−79
(長さ 約21.5cm 直径 約1.6cm)
\2,500

クラッチレリーズシャフト
E-0160 クラッチレリーズシャフト 71-72
(長さ 約19.8cm 直径 約1.6cm)
\1,900

クラッチペダルにワイヤ-で連動しているシャフトで レバーの所にレリ-ズベアリングを取り付けてペダルを
踏むと クラッチカバーのセンター部分を 押さえる仕事を受け持っていますが カバーに対してベアリングが
並行にまっすぐに当たらないと 半クラッチから発進するときに ガタガタと車体が 振動しながらスタートする
ようになったりします。 この症状をジャダリングと ゆうのですが シャフトに溶接で付いているレバーの変形
によって起きる場合がありますのでクラッチカバーを疑うのと同じくらいレバーも点検してください。
それとジャダリングについてですが ボーデンチューブのたわみも重要なところですからまずは ここから点検
をスタートしてください。

クラッチレリーズシャフト 61−70
E-0170 クラッチレリーズシャフト   73−
(長さ 約19.8cm 直径 約2.0cm)
欠品中

B

クラッチ関係の部品で スラストベアリングを取り付けるシャフトで
このシャフトは 71年式から72年式」までの後期型のスラストベア
リングのミッションに使用します。

A

クラッチレリーズシャフト 71−72
クラッチ関係の部品でスラストベアリングを取り付けるシャフトで
このシャフトは 73年年式」からの後期型のスラストベアリングの
ミッションに使用します。
クラッチレリーズシャフト T/2 68−79
クラッチレリーズシャフト 73−



C